【BGM】「Epicuros – Metropolis 2.1」サイバーパンク的未来都市にある情景そこには陰鬱たる現実がある

WEB MEMO SOUND

 

サイバーパンクな映画のシーンで流れるのにぴったりなほどマッチングしているサウンドです。
素晴らしいとしか言いようがない。
享楽と欲望の果てに緩やかな滅亡への階段を駆け上がっていく人類の未来。
そんな嘆きにも諦めにも近い感情を板だずにはいられない、ある意味物悲しいサウンドです。
冷水を浴びせられるような、冷静になる瞬間をこのサウンドは与えてくれます。

 

 

 

 

 

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者:ウィリアム・ギブスン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 1986-07-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      

こんな記事も読まれています