(ΦωΦ)明日(11月9日)発売の猫の本・書籍・カレンダー (ΦωΦ)

 


 

 

時は幕末。かつて、もののけ仕事人として闇から闇へ人を葬っていた化け猫のまる。楽隠居を決めこむつもりだったが、悪い奴らは見逃せない!「猫は仕事人」シリーズ、いよいよ完結。

江戸の町で、死体から手首を切り落とす辻斬り“手首斬り”が横行していた。辻斬りの犯行を目撃したまるの飼い主、南町奉行所の老同心、佐々木平四郎が命を狙われる。平四郎を救うため、奮闘するまる。
辻斬りの正体を巡って物語は二転三転、そして感動の結末が!

 


 

空が雲を笑わせているのか 雲が空を笑わせているのか わからないまま猫は昼寝をしている ちっぽけなものに当ててみよう、ささやかな詩のスポットライトを―。ユーモアと諧謔はそのままに、新たな光と闇をまとってやってきた、2年ぶりの新詩集。

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。